本当にその選択で大丈夫?判断力が状況を左右する

どうもヒサトです!

 

今回は判断力の重要性についてお話していきます。

1つの選択がこれからの人生において、大きな大きな

分岐点となる場合があると思います。

選択さえ間違えなければ、チャンスをものにする事が出来ます。

 

選択1つで大きく変わる

生きているといくつかの大きな選択を迫られる場合があります。

高校受験や大学受験なんかがこの選択に当てはまるのではないでしょうか。

 

僕の選択で言うと、高校は100%行くところが決まっていたので、

専門学校に行く事を決めるところが初めての選択だったと思います。

(高校については受験に落ちる気が全くしなかったという事です笑)

 

元々は、関西で言うところの関関同立や関東で言うところのMARCH、

もしくは受験勉強を頑張ってもうちょっと上の大学に進学しようと思っていました。

 

大学進学

 

でも僕は専門学校に進みました。

理由は至って簡単で高校野球で怪我をした際に、

お世話になった整骨院の先生のようになりたかったからです。

 

この選択の際、大学に行った方がこれからの人生の選択肢は大きく増えます。

専門学校に進んだとしたら、基本的にはその道しか生きられないですからね。

 

大学に進学していたら4年間という長期間の間に自分が進むべき道を

決める訳で、いくらでも道を変更する事が可能になります。

 

 

果たして僕が専門学校に進んだのは正解だったのでしょうか?

 

 

現在、僕はネットビジネスをして生活をしています。

(ネットビジネスからちょっとずつリアルビジネスに移行中ですが)

かれこれ1年近く整骨院の仕事から遠ざかっています。

 

専門学校に通っている時は自分がまさかこのような生活をして

過ごしているとは全くもって想像していませんでした。

(開業はしているかな~と思っていましたが)

 

僕がネットビジネスを選択した理由としては、初め軽く知人に紹介してもらい、

そしてその後に応用の仕方によってはとんでもない可能性を秘めている

ビジネスモデルだと気付いてしまったからです。

 

「このまま整骨院で何事もなく過ごしていった方がいいのか?」

「このタイミングを逃しても自分は後悔しないだろうか?」

 

いやいやありえないだろ!!

やるしかないなと、思い1年以上続けてきました。

 

1年間頑張ってきた

 

その結果がです。

1年前まで整骨院でしか働く事が出来なかったガキが、

今では少しずつですけど新たな可能性を手にしています。

 

1つ規定路線を変えただけで道が、選択肢がパッと開けました。

現在僕は、リアルビジネスをメインにしていくためにどんどん

シフトチェンジしていっています。

(もちろんネットビジネスも続けますが)

 

もし1年前の僕に判断力が全くなかったとしたら、現在の僕はありません。

整骨院という小さいコミュニティの中で満足して、何も知らないま一生を

終えるところでした。

 

 

1つの選択がそれからの人生を大きく変化させる

 

 

まさにこの言葉の通りの事が実際に起こっています。

これはネットビジネスを全員が全員しろって訳ではなくて、

自分が知らない世界をもっと見た方が可能性が広がるという事です。

 

実際にやってみないと、どんな世界なのか分からない事ばかりだと思います。

だったら実際にやってみる!そして実際にやってみて判断してみる!

シンプルで非常に分かりやすいじゃないですか?

 

やり直しのきかない選択肢以外はどんどん可能性を求めてチャレンジするべきです。

そのように常に自分に判断が必要な状況を作り出せば、本当に必要な選択に迫られた

場合に、最高の判断が出来るのではないでしょうか?

 

 

視野を広げて生きていきましょう!!

 

まとめ

自分で自分を信じれなくなった時、それは終わりです。

とことこん自分の可能性を信じることで道を切り分けていきます。

そしてその場その場で最高の選択をする事で、自分を高めて

いきましょう!

 

関連記事

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。


定期的にネットビジネスのメルマガを発行しています。

メルマガ 右回り込み画像

アフィリエイト、せどり、輸入・輸出、ネットショップ、SNSについての情報を定期的にメルマガにて発行しています。

ブログでは書けないような内容もメルマガでは発行していますので、少しでも興味があるという方は一度ご購読ください。


※購読する分には完全に無料ですので、ご安心ください。

興味がある

    

コメントを残す

このページの先頭へ