情報商材しか売っていない人がトップアフィリエイターと名乗るのに違和感を感じる

どうもヒサトです!

 

今回はトップアフィリエイターについてお話していきます。

この業界では情報商材しか売っていないのにトップアフィリエイターと

自ら名乗っている人が多い気がします。

 

同じ月収100万円でも・・・

同じ月収100万円でも内容によっては全然違ってくると思うんですよね。

これはあくまで僕の考え方なんですけど、

どれだけ今後に繋げれるかってのが大きく変わってきます。

 

パターン1:情報商材

確かに情報商材ってのは報酬率もかなり高いし魅力的です。

1つ売れれば1万円ぐらい入ってくるものもありますし、

高額塾となれば10万円ぐらいのものも存在します。

 

しかし情報商材ってのは購入者からみれば中身も全然分からないし、

購入するのは1種の賭けなんですよね。

(値段も相当高いですしね)

 

ハッキリ言って商品のレターを誇大広告して

アフィリエイターの実績も偽ればある程度売れると思います。

 

パターン2:オプトインアフィリエイト

最近流行りの無料オファーアフィリエイトですね。

メルマガやTwitter、Facebookといった媒体を使い

無料オファーを流しまくって報酬を得るという方法です。

 

これで月収100万円を得ようと思うと

相当自分の個人情報を売らないとダメだと思います。

(Facebookでいきなりコンタクト取ってくる人とかいますしね)

 

パターン3:AmazonやA8といったASP

別にこのASPにくくる訳ではないのですが

いわゆる情報発信ブログではなくて、特化したサイトアフィリエイトなどの事ですね。

 

これで月収100万円を得ようと思うと相当大変です。

情報商材の十倍以上の数を売らないと無理だと思います。

 

どれがトップアフィリエイター?

この中でも最も実力のあるアフィリエイターだと思いますか?

僕は断然パターン3ですね。

 

よく考えて下さいよ。

アフィリエイトでこのまま一生飯食っていけると思いますか?

僕は絶対に無理だと思っています。

 

そうなってくる時にどの能力が必要になってくるかを考えます。

そうすると絶対に集客能力なんですよ。

しかも偽りのないしっかりとした集客能力が。

 

そう考えるとオプトインアフィリエイトのみで

実績を残している人は論外になってきます。

これは集客能力云々の話ではないですからね。

 

どの分野でも確実に結果を残すことであろうパターン3が最強です。

 

確かに情報商材で稼ぐってのも凄いんですよ。

でも無責任というか稼げればいいという考えの

アフィリエイターが多すぎる気がするんですよね。

 

全く意味のない商材を紹介したりとかありえないですからね。

 

情報商材が全部ダメとかいう話ではなくて

紹介するならその中でも本物を紹介しないといけないんですよね。

 

それで100万円を稼いでも全く意味がないです。

 

結論

どの分野でも最高の結果を残せることが出来るアフィリエイター、

それがトップアフィリエイターだと思います。

 

関連記事

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。


定期的にネットビジネスのメルマガを発行しています。

メルマガ 右回り込み画像

アフィリエイト、せどり、輸入・輸出、ネットショップ、SNSについての情報を定期的にメルマガにて発行しています。

ブログでは書けないような内容もメルマガでは発行していますので、少しでも興味があるという方は一度ご購読ください。


※購読する分には完全に無料ですので、ご安心ください。

興味がある

    

コメントを残す

このページの先頭へ