アフィリエイトにおける情報の質 | 一次情報・二次情報とは

どうもヒサトです!

 

今回はアフィリエイトにおける情報の質についてお話ししていきます。

一次情報と二次情報ではユーザーが受ける印象は全然変わってきます。

出来るだけ一次情報を積極的に発信していきましょう!

 

一次情報と二次情報とは

そもそも一次情報と二次情報が何なのか分からない人がいると思います。

その人の為に軽く説明を入れていきます。

 

一次情報とは、

自分が実際に見たり、感じたり、聞いたりと対象物に

対して直接的なアクションを取り仕入れた情報を指します。

 

二次情報とは、

誰かに聞いたり、ニュースで観たり、本で読んだりと対象物との間に

第三者やテレビなど何かしらを挟んで仕入れた情報を指します。

 

※二次情報はもっと細かく三次情報と分けられる場合があります。

 

つまり直接得た情報なのか何かを介して得た間接的な情報なのか

という違いでこのように分けられるという事です。

 

アフィリエイトにおける情報の質

アフィリエイトをしていく上で情報の質というものは非常に重要になってきます。

質の低い情報ばかり発信しているとあがるはずの報酬もあがりません。

 

例えば他のサイトに書かれている情報(コピーコンテンツやリライト)や

商品ページに書かれている情報、誰でも知っている情報など

それらしかサイトに載っていなかったらユーザーはどう思うでしょうか?

 

「商品の事を何もわかっていないのでは?」

「ただ書いているだけ」

 

このような印象を持つユーザーが多くなってくるでしょう。

だって情報の質が低いのだから。

 

そのような情報ばかりだとあなたのアフィリエイトリンク

を介して商品を買ってくれることはまずありません。

 

アフィリエイトにおける一次情報とは、

実際に自分が使用してみてそれに対する

感想や情報を自分なりの言葉で発信する事です。

 

第三者のコンテンツを見て仕入れた情報や使ってもいないのに

商品ページを見て勝手に想像して書く、もしくはそのまま書くなど

自分が直接その商品の感想や情報を発信出来ていないものは

いわゆる二次情報という事になります。

 

自分がユーザー目線に立った時この点がいかに重要か分かります。

 

実際に使用してみて「どの点が良かった」「どういう人におススメ」など実体験に基づいたレビューが載っているサイト。

 

商品自体を全く使用した事が無く「イメージ」「商品の情報を載せているだけ」など説得力のない二次情報ばかり載っているサイト。

 

 

どちらがいいですか?

絶対に前者ではないでしょうか?

 

2chまとめサイトやトレンドサイトの場合、

自分から一次情報を発信する事は不可能ですので二次情報になりますが、

 

特に物販アフィリエイトの場合、

商品を実際に買ってみれば誰だって一次情報を発信する事が出来ます。

 

積極的に一次情報を発信できるように努めていきましょう。

 

また一次情報を発信するときにその情報に独自性が高い場合、

大きな拡散力を手にすることが出来ます。

 

もし自分の発信した情報をまとめたりコピーする二次情報サイトが

同じコンテンツを発信したとしても「情報源」は持っている力が違います。

(ソースってやつですね)

 

もし自分がTwitterで記事を拡散しようと思った時、

  • 情報源の一次情報サイト
  • それを真似て作られた二次情報サイト

どちらを拡散しますか?

 

僕だったら絶対に情報源である前者のサイトを拡散します。

気持ち的に情報源のサイトの方が拡散したくなりますよね。

 

また良質な一次情報ばかりを発信していると

サイト(もしくは人)自体にブランド力が付いてきますので

大きな影響力を持てるようになってきます。

 

ブランド力が付いてくると一定のファンが付いてきますので

後々の発信に大きくプラスに働いてくれます。

 

なので常に良質な一次情報を発信する事を目標にしましょう!

 

まとめ

何気ない1つ1つの情報でも「質」というものは存在します。

人の受け売りやそのままの言葉を使っていては何も変わりません。

情報を自分で掴み取るという意気込みで常に考えていると

面白い発想やそれに基づく発信が可能になります。

 

関連記事

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。


定期的にネットビジネスのメルマガを発行しています。

メルマガ 右回り込み画像

アフィリエイト、せどり、輸入・輸出、ネットショップ、SNSについての情報を定期的にメルマガにて発行しています。

ブログでは書けないような内容もメルマガでは発行していますので、少しでも興味があるという方は一度ご購読ください。


※購読する分には完全に無料ですので、ご安心ください。

興味がある

    

8 Responses to “アフィリエイトにおける情報の質 | 一次情報・二次情報とは”

  1. しう より:

    はじめまして!しうと申します!

    確かに、実際に体験したり、確かめたりした方が
    説得力がありますね。

    接客の仕事を経験があってそのときも
    自分の体験を話したときの方が
    納得してくれた事が多かったです。

    アフィリエイトでも一次情報を発信していくことが
    大事なのですね。

    勉強になりました!

    またお邪魔させていただきます!

    • ヒサト ヒサト より:

      しうさん
      コメントありがとうございます!

      実体験は超重要です。
      なにより説得力が全然違ってきますからね。

      どれだけ外見だけを取り繕ったサイトでも、
      中身が説得力のないモノだと全く意味がありません。

      一次情報を発信する事でその中身が抜群に良くなります。

      今後ともよろしくお願いします!

  2. たかやん より:

    ヒサトさん、こんばんは。たかやんです。

    自分の経験したことに勝る情報はないですよね。

    おいらは、二次情報を自分の経験と合わせて、
    「こんな理解の仕方してますよ」
    「こんな方法をやりましたよ」
    といった記事を書いています。

    これって、どうなのかな?
    と今日の記事で思いました。

    二次情報が元だけど、
    自分の経験も入れているし、
    一時情報と言うにはおこがましいかな?
    なんて。

    人からヒントは多くもらいます。
    それを自分なりに加工して発信すれば、
    よしと考えていましたが、実は違うのかな?

    ヒサトさんの見解を聞かせてください。

    応援ぽちっと♪

    • ヒサト ヒサト より:

      たかやんさん
      コメントありがとうございます!

      ちょっと僕の書き方が悪かったですね(^^;

      全てを自分の経験だけで発信するのは不可能です。
      僕もたかやんさんと同じく二次情報に自分の経験を
      混ぜながら発信しています。

      二次情報「しか」ないサイトはダメという事です!
      これが僕の見解です。

      今後ともよろしくお願いします!

  3. アフィ助 より:

    はじめまして、アフィ助と申します。

    一次情報を多く取り入れる
    ことによって質のいい情報を
    発信できることは間違いないですね。

    『考えるより行動』

    これを念頭に置きながら
    一時情報を取り込んでいき

    質のいい情報を発信していくことを
    心掛けていきたいと思います。

    勉強させていただきました!

    今後ともよろしくお願いします。

    • ヒサト ヒサト より:

      アフィ助さん
      コメントありがとうございます!

      「考えるより行動」
      いい言葉ですね~。

      何も考えずに行動するのはダメだと思いますが
      それ以外なら絶対的な行動力でカバーできます。

      お互い頑張りましょう!
      今後ともよろしくお願いします!

  4. 情報商材仕分け人 RUI より:

    ヒサトさん始めまして。
    ヒサトさんのブログを拝見させていただきました
    情報商材仕分け人のRUIと申します。

    1次情報と2次情報の話
    大変興味深かったです!

    1次情報は2次情報と比べ
    読者からの好意と自身のブランド力という
    大きな特典がつくのですね。

    僕も普段からどっちの情報なのかを
    意識しながらブログ更新していきたいと思います。

    また訪問させてもらいます。
    応援してます。

    • ヒサト ヒサト より:

      RUIさん
      コメントありがとうございます!

      自分が購入者側の立場に立てば一目瞭然です。

      アフィリエイターが自分と同じものを買っていれば説得力と
      そもそもその商品に対する理解力を感じ取る事が出来ます。
      それが一次情報の本質だと思います。

      今後ともよろしくお願いします!

コメントを残す

このページの先頭へ