自分で情報収集する事が出来る人間はホントに強い

どうもヒサトです!

 

今回はネットビジネスにおいて最大のスキルである、

情報収集能力についてお話ししていきます。

自分で正確な情報を収集する事が出来る人間こそが

ネットビジネスである程度結果を出していると思います。

 

情報収集能力の偉大さ

ぶっちゃけた話、これはアフィリエイトだけではないんですよね。

せどりでも店舗の運営でも何でも当てはまると思います。

 

せどりだったらアマショウの正しいランキングの見方とか、

店舗の運営だったらそもそもの立地の状況とか、

全て情報収集能力が必要になってきます。

 

アフィリエイトだったらどの部分で情報収集能力が

必要になってくるか分かりますか?

 

アフィリエイトでは全ての行動行動で情報収集しないといけません。

 

全て

 

そもそもネット上で何かをするという事は情報の集合体で

あるということは紛れもない事実であります。

そうなると全ての行動行動で情報収集が必要になる事は必然です。

 

サイトのコンテンツを追加していくにしても、

どのような広告をASPから取得してくるのかも、

サイトの作成方法にしても正しい方法でしないと結果はついてきません。

 

世の中には自分で情報を仕入れるのが苦手な人がいると思います。

いつまで経っても受け身な状態で誰かに何かを与えられるのを待っている

人間はマイナスもないにしてもプラスもないです。

 

攻めれば攻めるほどリスクは付きまとうことは間違いないです。

でもそれ以上にプラスに大きく働く事があると思います。

 

誰かが「この情報はいいから君もしてみないか?」

このように案件を持ってきたとしましょう。

もしかしたら凄くいい案件なのかもしれません。

 

でもそれである程度結果が出たとして次はどうしますか?

また誰かがいい案件を持ってきてくれるのを指を咥えて待ちましょうか?

そんな事やってられなくないですか?

 

僕は受け身すぎるのはダメだと思うんですよね。

(あくまで僕の感覚ですよ、全員に当てはまるとも思いません)

誰かから何かを与えられないと何もできないという状況は

僕には怖すぎて怖すぎていたたまれないわけです。

 

人脈人脈とそればかり言っている人は成功しないと思う

でも書きましたが人脈がどれだけ凄かろうがこの部分が

凄くなる訳ではないんですよ。

 

「ネットビジネスの情報発信をしている人はやれば出来るとか、

根性論で片付けようとしている人が多い」

 

たまにこのようなアンチ(?)の意見がネット上で転がっていたりします。

確かに僕もその部分は凄く感じる節もありますし、「いただけないな」と思う時もあります。

 

でもある程度までは根性論でいけると思うんですよ。

根性出して情報収集した事ってありますか?

休みの日にPCにかぶりつくぐらいの勢いで何かを成し遂げたことがありますか。

 

根性論

 

僕はあります。

というか常にそのような意気込みで毎日作業しています。

(事務所は音楽ガンガンなんですけどね笑)

 

僕の経験論になりますが、本気出して情報収集していると

その情報が本物なのか偽物なのか分かるようになってきます。

サイトアフィリエイトのキーワード選定でもそうです。

どのキーワードがいいのか分かるようになってきます。

 

絶対的な作業量の多さ、そして豊富な情報収集。

これが今の僕を作り上げてきたと言っても過言ではないです。

 

情報収集能力が高いからこそ無駄な情報に振り回されずに

ホントに正しい情報だけに向き合うことが出来ます。

無駄な情報は信じるだけ時間の無駄でしかないですし、

そんなものに構っている暇なんてないはずです。

 

情報はプラスにもマイナスにもなる。

だからそれを活かせるかはその人次第である。

 

常にこの合言葉で僕はこれからも頑張ります。

 

まとめ

基本的に僕はマインド関係のお話が嫌いなので

こういう記事は書かないのですが何となく書いてみました。

だから自己啓発系の本とかセミナーとかもホント嫌いですし

そんなモノ自分には必要ないと思っています。

今回は自分なりの意思確認という感じで完全に僕の自己満足記事です(笑)

 

関連記事

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。


定期的にネットビジネスのメルマガを発行しています。

メルマガ 右回り込み画像

アフィリエイト、せどり、輸入・輸出、ネットショップ、SNSについての情報を定期的にメルマガにて発行しています。

ブログでは書けないような内容もメルマガでは発行していますので、少しでも興味があるという方は一度ご購読ください。


※購読する分には完全に無料ですので、ご安心ください。

興味がある

    

コメントを残す

このページの先頭へ