自己啓発本ばかり読む人は馬鹿だと勝手に思っています。

どうもヒサトです!

 

今回は「自己啓発本ばかり読んでいる人は馬鹿だと思う」

という内容についてつらつらと書いていきます。

僕の勝手な独り言なのでご了承を!

 

正しい?それとも馬鹿?

早速ですけど自己啓発本って読んだことありますか?

 

例えば、

 

「こうしてたら人生が変わる」

「正しい未来の作り方」

 

みたいな人生の指南書ややる気を上昇させるような本の事です。

 

僕は全く読まないのですが、

結構読んでいる人って多いですよね。

よく書籍ランキングで上位にランクインしていたりします。

 

ああいう本を読んだ人ってどうするんですかね?

 

「モチベーションがアップした」

「方向性が決まった」

 

とかだったら読んで意味があると思うのですが、

「読んで意識が高くなった!!でも意識だけ…。」

 

見ていて痛いです。

そういう人に限って、

 

  • 行動は全くしない。
  • 語るだけ、言うだけ。

 

もう何のために読んでいるんだ!!

時間の無駄じゃないのか?

 

普通に読書として読むのならありかもですが、

ビジネスに繋げるという意味で読んでいるなら

読まない方がいいですよね(笑)

 

そんな事して満足するのなら、

寝るか、遊ぶか、お酒を飲むか(笑)

していた方がよっぽどマシですね。

 

モチベーション上げる方法は人様々なので

僕の意見を押し付けるつもりはさらさらないのですが。

 

なんだろー。

自己啓発本って僕の嫌いなあれに通ずるところがあるんですよねー。

 

MLM

 

ホントに夢だけ語るみたいな。

夢・仲間・権利収入etc…。

 

 

僕がどれだけMLMが嫌いなのかは以前話したので

気になる方はこちらを読んでください。

ネットワークビジネス(MLM)とネットビジネスについて考えてみた

 

話が少し脱線し過ぎました。

 

やる気を出すのは大いに結構ですが、

上げ方が重要ですよね。

 

ビジネスする人ならビジネスに通ずる上げ方

勉強する人なら勉強に通ずる上げ方

 

方向性を考えて、

「これはこうだからこうしないと」

って感じで考えないとだめだと思うんですよね。

 

やる気と勘違いをごっちゃにしたらダメなんじゃないかな。

ちょっとでも語る暇があったら、それに向かう努力をしろと。

 

まあそんな感じですかね。

ようやく僕が言いたいことが出てきました。

 

時間がもったいないから他の事した方がいいんじゃない?

 

まとめ

たまに出現するヒサトの独り言コーナー。

いやー時間がもったいないとか言いながら

これ書く時間がもったいなかったかもしれませんね(笑)

 

散々書いてきて何なんですが、

マインド面は大事だと僕は思ってますよ。

別に軽視しているわけでもないですし、

絶対必要な事だと思っています。

 

ただそれに対する考え方が大事なんじゃないかと。

 

関連記事

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。


定期的にネットビジネスのメルマガを発行しています。

メルマガ 右回り込み画像

アフィリエイト、せどり、輸入・輸出、ネットショップ、SNSについての情報を定期的にメルマガにて発行しています。

ブログでは書けないような内容もメルマガでは発行していますので、少しでも興味があるという方は一度ご購読ください。


※購読する分には完全に無料ですので、ご安心ください。

興味がある

    

2 Responses to “自己啓発本ばかり読む人は馬鹿だと勝手に思っています。”

  1. 高木秀朗 より:

    共感します。

    自己啓発本を読むこと自体は悪いことではないと思いますが、

    それで結局気持ちよくなって
    何も行動を起こさなかったら時間のムダですもんね!

    具体的な行動に移すことが大事だと
    改めて認識させていただきました^^

    • ヒサト ヒサト より:

      高木秀朗さん
      コメントありがとうございます!

      共感ありがとうございます。
      行動に移せないと何も始まりません。

      自己啓発本もその為の着火剤みたいなものだと思いますので
      そこで満足していては全くの無意味です。
      使い方次第という事でしょうね。

      今後ともよろしくお願いします!

コメントを残す

このページの先頭へ