SNS共有ボタンの適切な配置場所はどこなのか?

どうもヒサトです!

 

今回はSNS共有ボタンの適切な配置場所についてお話していきます。

最もSNS共有ボタンがクリックされやすい配置場所はどこなのか?

そしてその場所にはどのような意図があり設置しているのか?

自分なりに考えてみました。

 

それぞれの特徴

SNS共有ボタンの主な配置場所と言えば、

  • 記事上
  • 記事下
  • 記事横で追従

この3つが最も一般的ではないでしょうか?

※PCの表示を基本と考えています。

 

その中でもやはり記事上と記事下に設置している人が多いように思えます。

これはワードプレスなどのCMSを使われている場合、テンプレートの初期設定で

記事上下に設置されている場合が多いからだと思われます。

 

僕の中でのそれぞれのSNS共有ボタンの特徴を挙げていきます。

 

提示する

 

まず記事上のSNS共有ボタンは、

「これだけこの記事は多くの人に共有されている」

という事をユーザーにアピールするためのモノだと思っています。

 

やはり多くの人に共有されているという事は、

有益な内容の記事である場合が高いですし、何より心理的に多くの人が

支持しているモノはどうしても気になってしまうというところがあると思います。

 

記事下のSNS共有ボタンは、

最もクリックされやすく、最も活用されているボタンだと思われます。

 

理由としては記事下、つまり記事を読み終わった後に目にする位置にあるからです。

やはり一度記事を読んでからじゃないと記事を評価する事は出来ないと思います。

そう考えると、記事下のSNS共有ボタンが最もクリックされるというのも頷けると思います。

 

記事横の追従するSNS共有ボタンは、

ワードプレステンプレート「STINGER3」でも採用されているボタンになります。

 

追従ボタン

 

追従型のSNS共有ボタンのメリットは、いつでもクリック出来るというところでしょう。

常に画面に表示されていますので、ユーザーが好きなタイミングでクリック出来ます。

 

しかし追従型のSNS共有ボタンにはデメリットも存在しています。

このデメリットというのが常に表示されていて鬱陶しく思うという事です。

画面に常に表示されていますので、ボタンが目に入ってどうしても気になってしまいます。

自分のペースで進めたいという人も少なくないでしょうからね。

 

基本は記事上下

先ほども少し書きましたが、やはり基本は記事の上下かなと思います。

これが最も一般的で見慣れている形なのでユーザーは戸惑うことなく使う事が出来ます。

 

笑

 

ちなみに僕のメインブログでは記事下のみ設置しています。

記事上のSNS共有ボタンについては特にいらないなと思い外しました。

(アピールするほど共有もされていませんしね笑)

 

特にこだわりが無ければ基本的な形である、記事の上下でいいと思います。

少し鬱陶しく思うなら僕のように記事上での共有ボタンは外してもいいかもしれませんね。

 

ただ何があっても記事下の共有ボタンだけは外さない方がいいと思います。

記事下の共有ボタンを外すことは、デメリットとしか存在していないので

やる意味が全くありません。

(1つも設置しないのは論外ですよ)

 

まとめ

これが僕のSNS共有ボタンの設置場所に対する考えです。

現代においてSNSとWEBサイトとの連携は必須事項です。

爆発的なアクセスを集めるにしても、起点がSNSである事が多いです。

上手く活用していく事で有利にサイト運営をしていきましょう。

 

関連記事

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。


定期的にネットビジネスのメルマガを発行しています。

メルマガ 右回り込み画像

アフィリエイト、せどり、輸入・輸出、ネットショップ、SNSについての情報を定期的にメルマガにて発行しています。

ブログでは書けないような内容もメルマガでは発行していますので、少しでも興味があるという方は一度ご購読ください。


※購読する分には完全に無料ですので、ご安心ください。

興味がある

    

2 Responses to “SNS共有ボタンの適切な配置場所はどこなのか?”

  1. カネヤン より:

    SNSの特性を理解した上で作業して構築していくことが大切ですね。
    しっかりと考えて、記事の構成とかリンクの場所とか決めていくことで、アクセスアップはもちろんだし、成果につながっていくんだと思います。

    • ヒサト ヒサト より:

      カネヤンさん
      コメントありがとうございます!

      どうすれば共有してくれるのか、
      今まで共有してくれた記事はどのようなモノなのか、
      常にそのような考えを持っていく必要がありますね。

      今後ともよろしくお願いします!

コメントを残す

このページの先頭へ