「ブックオフ せどり 無料 リスト」なんて検索するのはやめにしませんか?

どうもヒサトです。

 

今回はせどりにおけるリストの考え方になります。

ネットで「ブックオフ せどり 無料 リスト」って感じで検索した事がありますか?

もしあるとしたらそんな無意味な事は辞めた方がいいですよ!

 

せどり リスト

 

人に聞くものではない

そもそもリストというのは自分で発掘するものであり

人に教えてもらうものではないです。

 

だってそのリストを見つけたところで、

全く同じ値段で売られていますか?

全く同じ値段で売れますか?

そもそもその商品が売られていますか?

 

根本的に間違っています。

 

何でも言いますがせどりは作業量がモノを言うビジネスです。

ぶっちゃけた話ブックオフで全商品にビームを撃っていたら

何かしらの商品が見つかります。

 

そうする事である程度のパターンが見つかるかもしれません。

パターンが見つかれば他の店舗にも活かせるかもしれませんし、

作業量をこなせば何とでもなるんです。

 

確かにリストを見つける事でその一瞬だけは稼げるかもしれません。

でもそこではないんですよね。

 

稼ぐって言ってもその方法は自分で稼いでいるのではないです。

リストに稼がせて貰っているにすぎません。

 

そんな事していてもいつまでたっても自立できませんし、

何かしらの変化があると全く稼ぐ事が出来なくなるでしょうね。

(ただでさえ最近のせどり業界は変化が多いです)

 

リストを手に入れるにしても人に聞くのではなく

リストを自分で作るという経験が最も大事です。

 

週刊ジャンプに連載されているトリコという漫画をご存知ですか?

トリコはグルメを題材とした料理人、美食屋の話です。

その中で「ライブベアラー」というキャラが出てくるのですが

ライブベアラーは人の食の記憶を手に入れる事で料理の技術や知識を蓄えます。

 

しかしライブベアラーは小松という主人公サイドの料理人に、

グルメテイスティングという名の料理対決に敗れます。

 

小松の今まで自分の努力で培ってきた技術や料理への姿勢が

ライブベアラーが人から手に入れた技術や知識を打ち負かしたのです。

 

…とあくまでこれは漫画の話なのですが、

実際でも当てはまると思うんですよね。

 

人から手に入れた記憶はいわばせどりで言う人から得たリストです。

小松が打ち負かした努力がせどりで言う作業量です。

 

作業量>人から得たリスト

 

これはハッキリとした事なのでガンガン作業していきましょう。

そこで分からない事があれば人に聞けばいい。

簡単な事です!

 

まとめ

せどりのリストについてはこんな感じですね。

そんなもの調べている暇があればちょっとでも作業しろよ!

という事です。

 

せどりについて何か疑問点や質問があればお問い合わせ下さい。

もちろんアフィリエイトでも何でも大丈夫です!

⇒ http://hisato-net.com/otoiawase

 

関連記事

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。


定期的にネットビジネスのメルマガを発行しています。

メルマガ 右回り込み画像

アフィリエイト、せどり、輸入・輸出、ネットショップ、SNSについての情報を定期的にメルマガにて発行しています。

ブログでは書けないような内容もメルマガでは発行していますので、少しでも興味があるという方は一度ご購読ください。


※購読する分には完全に無料ですので、ご安心ください。

興味がある

    

コメントを残す

このページの先頭へ