Revision Control でワードプレスのリビジョン保存数を制限しよう!

どうもヒサトです!

今回はワードプレスの便利機能である、リビジョンの最大保存数を制限してくれるプラグイン、「Revision Control 」について解説していきます。

上手く活用する事でデータベースの軽量化を図る事が出来るので非常に便利です。

リビジョンとは?

リビジョンとはワードプレスにもともと備わっている機能で、簡単に言えば下書きの自動保存機能です。

もし記事を途中で間違って消してしまったとしても、リビジョン機能が働き下書きが保存されます。

これは記事を変更するごとに働くので人によっては凄い数が溜まります。

一見、凄く便利そうに感じるのですが実は弱点があります。

それはデータベースが圧迫されるという点です。

リビジョンは設定しない限り無制限に保存され続けます。

データベースが圧迫されると幾ら天下のワードプレスといえど、ページの表示速度が遅くなるなどの弊害が生まれます。

もう1つ、記事のIDがどんどん膨れ上がってきます。

記事のIDとはURLの末端に振られる数字の事です。

IDが膨れ上がるとURLがどんどん長くなってきますので、あまりよろしくはないでしょうね。

Revision Controlの役割

Revision Controlはそれらの弊害を解消してくれるプラグインになります。

役割としては、リビジョンの最大保存数を制限する事が出来るという点です。

Revision Controlは設定も非常に簡単に出来るし、「そんなにリビジョン機能を使わないよ」って方には最適なプラグインになります。

インストールから設定までの流れ

プラグイン⇒新規追加⇒検索にてRevision Controlと入力し、インストールして有効化して下さい。

これでインストールは完了になります。

続いて設定していきます。

設定⇒リビジョンと進みます。

するとこのような設定画面が出てきます。

 

①⇒投稿の際のリビジョンの最大保存数を設定できます。

②⇒固定ページの際のリビジョンの最大保存数を設定できます。

③⇒Custom CSSの際のリビジョンの最大保存数を設定できます。

④⇒①、②、③の設定数を変更できます。

※例えば1、2、3とすれば①、②、③の選択肢は1、2、3になります。

 

おススメのリビジョンの保存数は10前後です。

まあ好みの問題なのでお任せします。

まとめ

地味に見えてページの高速化作業は必須です。

ページの表示スピードが速すぎてダメって事は絶対にないですからね。

一押しプラグインです。

 

関連記事

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。


定期的にネットビジネスのメルマガを発行しています。

メルマガ 右回り込み画像

アフィリエイト、せどり、輸入・輸出、ネットショップ、SNSについての情報を定期的にメルマガにて発行しています。

ブログでは書けないような内容もメルマガでは発行していますので、少しでも興味があるという方は一度ご購読ください。


※購読する分には完全に無料ですので、ご安心ください。

興味がある

    

コメントを残す

このページの先頭へ