関連記事を表示するワードプレスプラグイン「Related Posts」

どうもヒサトです!

 

今回はワードプレスのプラグインの中でも関連記事を表示する事ができる

「Related Posts」の解説をしていきます。

 

そもそもなぜ関連記事を表示する必要があるのか?

関連記事を表示するのにはいくつかの意図があります。

それらを挙げていくと、

  • 直帰率や滞在時間の改善
  • 内部リンクとしての内部SEO向上のための

この辺りです。

 

検索エンジンからアクセスしてきた場合、

多くは一つの記事目がけて飛んできます。

(TOPページに直接来る場合は少ないかも)

 

そこで関連記事を表示する事により、

「他にもこんなに魅力的な記事があるんだよ」

とサイト利用者に訴えかける事ができる、

これが目的です。

 

Related Postsの導入方法

まずプラグイン⇒新規追加⇒検索にて「Related Posts」

と入力し検索して下さい。

 

検索すると「Related Posts」が出てきますのでインストールして

有効化して下さい。

 

これでとりあえずの導入は完了です。

続いて設定方法について解説していきます。

 

Related Postsの設定

Related Postsを有効化するとインストール済みプラグインに

このような画面が出てきます。

まずこちらをクリックしましょう!

 

すると設定が画面に移行します。

※普段はメニューに「Related Posts」の項目が出てきますのでそちらから

設定画面に移行する事ができます。

 

Statistics

 

こちらで過去30日間のモバイル、

PCのデータを見る事ができます

 

Basic settings

 

Related Posts Title⇒関連記事のタイトル名を変更する事ができます。

Number of Posts⇒関連記事を何個表示するのか設定できます。

 

Advanced settings

Themes

 

お好みの表示方法を選択する事ができます。

 

Other Settings

 

関連記事から除外するカテゴリを選択する事ができます。

(基本的にそのままでいいと思います)

 

 

結構重要かと思っている部分がここで、

選択肢の一番上に表示されるものにチェックを入れておくと

自動で関連記事が記事下に表示されます。

 

しかし自動で表示された場合、関連記事の下に

SNS拡散ボタンやアドセンスなどが表示されることが多い気がします。

つまりこんな感じです。

 

その記事に満足して関連記事の下までしっかりスクロールしてくれない

恐れがあるのでSNSボタンやアドセンスがハッキリ分かる場所に

移動する必要があります。

 

そのために先ほどチェックマークを外して、

横に表示されているコードをSNSボタンやアドセンスよりも下に

記述し表示します。

 

記述先は賢威の場合、

外観⇒テーマ編集⇒単一記事の投稿(single.php)から

行なう事が出来ます。

 

また先ほどのコードを使えば好きな場所に表示する事ができるので

例えば、記事の途中で表示したりだとかできます。

※全て設定した表示方法で表示されます。

 

何個ぐらい関連記事を表示させるべきか

これは完全に好みの問題になってくるのですが、

基本的に5~10個ぐらいでいいのではないでしょうか。

あまり多すぎるとうっとうしい感じもありますし、

少なすぎると選択肢が限られますからね。

 

まとめ

関連記事を表示させるプラグインにはいくつか種類が

あるのですが、

これが今のところ一番使いやすいかなって感じですね。

また他の種類のプラグインも紹介していきます。

 

関連記事

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。


定期的にネットビジネスのメルマガを発行しています。

メルマガ 右回り込み画像

アフィリエイト、せどり、輸入・輸出、ネットショップ、SNSについての情報を定期的にメルマガにて発行しています。

ブログでは書けないような内容もメルマガでは発行していますので、少しでも興味があるという方は一度ご購読ください。


※購読する分には完全に無料ですので、ご安心ください。

興味がある

    

コメントを残す

このページの先頭へ