オプトインアフィリエイト(無料オファー)のメリット・デメリットについて

どうもヒサトです!

 

今回はオプトインアフィリエイト(無料オファー)の

メリット・デメリットについて解説していきます。

 

オプトインアフィリエイトが何なのかについてはこちらの記事をご覧ください。

オプトインアフィリエイト(無料オファー)とは? | 仕組みについて

 

メリット

まずメリットからいきますと、

 

  • 基本的に無料
  • 1件辺りの報酬が高い
  • 成約率が高い

 

この辺りでしょうね。

1つ1つ解説していきます。

 

基本的に無料とは、

こちらはアフィリエイターと登録者の両方に当てはまる事です。

 

アフィリエイターとしては無料の案件を紹介するだけなので

有料ブログやメルマガで紹介するならコストはかかりますが

SNSなどで紹介するのならコストがかかりません。

 

登録者としても無料の案件に登録するだけなので

もちろんお金は必要ありません。

 

1件辺りの報酬が高いとは、

言葉の通りになります。

普通の物販アフィリエイト(Amazonや楽天)をされている方なら

分かると思うのですが、報酬額が異様に高いです。

1件300円くらいから1000円前後までの報酬を得る事が出来ます。

 

成約率が高いとは、

普通のアフィリエイトと違って登録者にお金が必要ありません。

メールアドレスを登録するだけという事なので

結果的に成約率が高くなります。

(案件によりますが)

 

デメリット

続いてデメリットについて解説していきます。

 

  • 強力な媒体が必要である
  • 報酬未払いが多い
  • 案件によっては自分の評価が落ちる
  • 爆発的な金額は稼げない
  • 期間限定である場合が多い

 

この辺りでしょうね。

デメリットについても1つ1つ解説していきます。

 

強力な媒体が必要であるとは、

何(SNS、ブログ、メルマガ)を使って紹介するにしても

影響力のあるものじゃないと意味が無いという事です。

 

全くフォロワーのいないTwitter、

全く誰にも読まれていないメルマガ、

これらで無料オファーを流しても意味がありますか?

 

全くないですよね、

だって誰も目にする事が出来ないのだから。

 

報酬未払いが多いとは、

リストを取得してもそれに相応した報酬が支払われないという事です。

 

これはハッキリって詐欺です。

ASP側がリストだけ大量に回収して

何かしらのいちゃもんを付けて(もしくは音沙汰なく)払いません。

 

最近ではこの問題が最も多いのではないでしょうか?

やってることが完全にヤクザまがいのやり口です。

 

案件によっては自分の評価が落ちるとは、

紹介する案件が腐ったような内容のものだとします。

購入者はもちろん販売者の評価を落とすでしょう。

それだけならまだましなのですが、

この案件を紹介してきたアフィリエイターの評価ももれなく落とします。

 

そりゃそうですよね。

だってアフィリエイターが紹介しなかったら

こんな事にはならなかったのだから。

 

「あいつは詐欺商品を売りつける輩だ」

このような噂も立つかもしれませんね。

 

爆発的な金額は稼げないとは、

高額報酬と言っても所詮1件1000円ほどです。

10万円稼ごうと思えば100件も承認させないといけません。

 

いけるっちゃいけるのですが、

先ほど書いたような報酬未払いの問題もあります。

結構厳しいですよね。

 

期間限定である場合が多いとは、

案件がいつまで扱われているかという事です。

 

いつからいつまでと期限がありますので

その期間内で紹介しないといけません。

しっかりと常に身構えて置かないと

知らない間に終わっていた何て話もよくある事です。

 

まとめ

このように数々のメリット・デメリットが存在します。

僕はオプトインアフィリエイトを好まないのでやらないのですが、

人によっては合う方もいるのではないでしょうか?

あくまで自己責任でお願いしますけどね(笑)

 

関連記事

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。


定期的にネットビジネスのメルマガを発行しています。

メルマガ 右回り込み画像

アフィリエイト、せどり、輸入・輸出、ネットショップ、SNSについての情報を定期的にメルマガにて発行しています。

ブログでは書けないような内容もメルマガでは発行していますので、少しでも興味があるという方は一度ご購読ください。


※購読する分には完全に無料ですので、ご安心ください。

興味がある

    

コメントを残す

このページの先頭へ