日本語ドメインの効果は?メリットやデメリットについて

どうもヒサトです!

今回は日本語ドメインの効果について詳しく解説していきます。

日本語ドメインのメリットやデメリットを比較しながら説明出来ればなと思います。

日本語ドメインを取得するなら「ムームードメイン」がおすすめです。

ムームードメインでの独自ドメインの取得方法

 日本語ドメインの効果

日本語ドメインの効果

日本語ドメインといえば一般的にSEOの効果が得られると言われているのですが、具体的にはどうのような効果があるのでしょうか?

メリット

日本語ドメインのメリットを挙げるならば、

  • 検索した際に目立つため差別化しやすい
  • ドメイン名と検索キーワードが一致した際のSEO効果が見込める

この辺りでしょうね。

検索した際に目立つために差別化しやすい

例えば広島東洋カープの応援サイトを作るとしましょう。

従来のドメインで「hiroshima-carp.jp」と取得した場合と、日本語ドメインで「広島カープ.jp」と取得した際、どちらの方が視覚的に目立ちますか?

ドメイン名をパッと見た感じでは、明らかに「広島カープ.jp」の方が目立っているはずです。

検索結果に表れた際に、通常のドメインに比べて目につきやすいということですね。

ドメイン名と検索キーワードが一致した際のSEO効果が見込める

日本語ドメインを使用している場合、「広島カープ 〇〇」と検索された際にドメイン名にもそのキーワードが含まれているので、一定の効果は見込めると言われています。

ただこの効果が爆発的にあるのかというと、そこまで顕著にあるとはいえません。

あくまで「ないよりはマシかな」という程度です。

デメリット

日本語ドメインのデメリットを挙げると、

  • Punyコードに変換されるためURLが長くなる
  • 被リンクを得にくい
  • アルゴリズムの変動によるリスク

この3つが挙げられるでしょう。

Punyコードに変換されるためにURLが長くなる

日本語ドメインは現在のDNSではそのまま利用することができません。

利用するためには「xn--〇〇.jp」といったコードに書き換わる必要があり、これが結構長くなります。

(もちろん日本語ドメインの長さにもよります)

※Punyコードを確認する事が出来るサイト

⇒ http://punycode.jp/

「広島カープ.jp」なら「xn--lckuewet17qyvb.jp」になります。

やはり従来のドメインよりもかなり長くなってしまいます。

感覚的な問題なのかもしれませんが、お世辞にも綺麗とは言えませんよね。

被リンクを得にくい

「被リンクを得にくい」というのもURLが長くなることが関係してきます。

やはり被リンクを張るのは人間ですので、URLが長いと見た目的にもあまりよろしくありません。

URLを短縮して載せるにしても、やはり手間がかかってしまいます。

アルゴリズムの変動によるリスク

Googleのアルゴリズムは日々変更されています。

アルゴリズムの変更で日本語ドメインがリスクとなることも無きにしも非ずです。

ですので、複数サイトを所持する場合などはスク分散という意味で、通常のドメインと使い分けるの必要があるでしょう。

まとめ

日本語ドメインの効果ということで、メリットとデメリットについて挙げてみました。

日本語ドメインが少々のSEO効果があるといっても、コンテンツの充実に勝るものは存在していません。

この考えはGoogleの意向でもあり、僕が考えに考えて導き出した答えでもあります。

いろいろ考えたけどシンプルにコンテンツだけを追求すればいける気がした

この点についてはしっかり頭に入れて、日本語ドメインを利用するようにしてください。

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。


定期的にネットビジネスのメルマガを発行しています。

メルマガ 右回り込み画像

アフィリエイト、せどり、輸入・輸出、ネットショップ、SNSについての情報を定期的にメルマガにて発行しています。

ブログでは書けないような内容もメルマガでは発行していますので、少しでも興味があるという方は一度ご購読ください。


※購読する分には完全に無料ですので、ご安心ください。

興味がある

    

コメントを残す

このページの先頭へ