メルカリで「いいね」がたくさん付くのに売れない理由

どうもヒサトです!

今回はメルカリの機能の1つである「いいね」について、僕なりの考えを書いていこうと思います。

「いいね」がたくさん付くのに商品が売れない理由には、以下のような理由があると僕は考えています。

「いいね」には理由がある

メルカリ

まず、「いいね」を付ける理由はこの3つがあると思います。

  • 面白い商品があったからとりあえずいいねを付けておく
  • 違反出品をしているユーザーを通報の為に付けておく
  • 商品が普通に欲しいからいいねを付けておく

特にこの3つの中でも一番上の理由が大きいです。

この場合、ユーザーは商品に対してある程度の興味があるということなので、何かしら商品に気に食わない理由があり、買うのを躊躇している場合が多いです。

それは商品情報があまりにも簡素であったり、写真から得られる情報があまりにも少なかったりと、いろいろあるわけなんですが、一番はやはり価格設定が購入者の理想とかけ離れていることが多いです。

一般的なユーザーのメルカリの使い方としては、「自分が欲しい商品をキーワード検索して探す」この使い方が最も多いと思います。

(新着に流れてくる商品を適当に探していてるユーザーも、中にはいるかもしれませんが)

いくらメルカリが爆発的な勢いでユーザーを増やしているといっても、自分が本当に欲しいと思っている商品が流れてくる確率なんてたかが知れています。

となると、価格設定が高い商品でも自分が欲しい商品が流れてきた場合、とりあえず「いいね」だけでも付けておこうと考えるわけです。

 ですので、商品に「いいね」がたくさん付くのに全然売れないという人は、単純に価格設定を下げてみましょう。

ただメルカリの場合は、Amazonやヤフオクといった販売ルートよりも、安く買おうと思っているユーザーが多い(若年層が多い)ので、ユーザーは設定価格よりも更に値引こうとしてきます。

(それが「フリマ」アプリの魅力でもあるのですが)

早くその商品を捌きたい場合は自分の初期設定価格より値引いてもいいと思うのですが、それ以外の場合はあまり値引きはしない方がいいと思います。

 メルカリは過去に出品した商品はどんどん埋もれていきますので、売れなかったら消して新たに出品という方法が最も売れます。

まあその売り方をするのならメルカリではなくヤフオクで売った方が100倍楽だし、手数料もメルカリよりも安いので魅力的なんですけどね。

(メルカリよりも現金回収が早いのでさらに便利です)

ヤフオクで商品を販売するために必要な「Yahoo!プレミアム」の登録の手順については、以下のページでまとめています。

Yahoo!プレミアム会員に登録しないとヤフオクは出品出来ません。

注意が必要な「いいね」

あっ、「いいね」について説明するのを忘れているものがあったので、ちょこっとだけ最後に説明しておこうと思います。

たまに出品者をメルカリ事務局に「通報」するためにいいねを付けてくるユーザーがいます。

これはどの商品が違反している物なのか残しておくために「いいね」を付けるるものだと思います。

ですので、「いいね」がついた商品が、メルカリの規約に違反している可能性が少しでもある場合は、すぐに出品を取り下げましょう。

(いいねが付いていなくても規約違反の商品は出品してはだめです)

僕も何アカウントか理不尽な理由でアカウント停止にされましたが、メルカリ事務局は通報があればすぐにアカウントを停止しようとしてきます。

(何も違反していないのに謎の理由で通報されてアカウント停止になります)

アカウント停止になれば、購入はもちろん出品も出来なくなりますので、絶対に阻止すべきものだと言えます。

まとめ

これまでかなりの数を購入して販売もしてきましたが、メルカリにはメルカリの売り方や買い方が存在しています。

これは言葉では説明し辛いことなので、なかなかブログ内で説明することは出来ません。

ですので、出来るだけ自分で手数をこなして理解するようにしてください。

そうすれば、メルカリの効率的な使い方が見えてくるはずです。

 

関連記事

メルカリでブロックする方法とその解除方法について

メルカリ事務局は本当に仕事をしているのか?対応があまりにも酷いよね

 

メルカリ 下バナー

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。


定期的にネットビジネスのメルマガを発行しています。

メルマガ 右回り込み画像

アフィリエイト、せどり、輸入・輸出、ネットショップ、SNSについての情報を定期的にメルマガにて発行しています。

ブログでは書けないような内容もメルマガでは発行していますので、少しでも興味があるという方は一度ご購読ください。


※購読する分には完全に無料ですので、ご安心ください。

興味がある

    

コメントを残す

このページの先頭へ