デスクワーク時の姿勢の悪さによる首・背・腰痛・肩こりを改善

どうもヒサトです!

 

今回はデスクワークによる首・背・腰痛・肩こりを最小限に抑える為に、

柔道整復師(整骨院)の国家資格を持っている

ヒサトがおススメの方法を伝授します。

(プロフィールに少しだけ書いているのですが、実は医療系の国家資格を持っています。)

ヒサトのプロフィール

 

首・背・腰痛

頭の重さってどれくらいあるか知っていますか?

産まれてから常に首の上に乗っているモノなので

あまり意識した事がないと思いますが…。

 

実は5~7キロほどの重さがあります。

この重さはボーリングの球(11ポンドで5キロ)ほどの重さです。

首は常にボーリングの球を支えながら日々を過ごしています。

 

しかもですよ!

ボーリングの常に最高の姿勢で過ごしているならまだ大丈夫なのですが、

デスクワークをしている人たちは大体首を突き出して?作業しています。

 

あの姿勢って凄く首に負担がかかるんですよね。

それにより猫背にもなり腰や背中といった部位にも負担がかかっています。

 

ではどの姿勢がベストなのか?

それは、

 

顎を軽く引く

頭の頂点(ちょっと後ろ)が引っ張られているようなイメージ

骨盤を軽く前屈させる

 

このようなイメージで作業するのがベストな姿勢になります。

 

「顎を軽く引く」とは、

顎を軽く引くことにより頸椎が無理な姿勢にならずに

自然な形になってくれ、首の痛みを抑えてくれます。

 

「頭の頂点(ちょっと後ろ)が引っ張られているようなイメージ」とは、

それにより顎が自然に軽く引かれますし、

背筋も伸び、腰も伸びてくれます。

 

「骨盤を前屈させる」とは、

どうしても作業に熱中してしまうと前屈みになってしまします。

この時の骨盤の状態って後屈しているような形になっています。

骨盤が後屈すると猫背にもなってしまい、

腰痛・背痛を引き起こし猫背も習慣ついてしまします。

そこで骨盤を前屈させる事によりそれらが改善されます。

 

骨盤を前屈させると言っても何の事やらさっぱりという方もいるでしょう。

そんな時は、

まず母指以外の4指が前になるように腰の側面に置きます。

そして臍が前に引っ張られるようなイメージを持ちながら

母指を前転させながら骨盤を前屈させていきます。

こうすればベストな姿勢(猫背改善、腰痛改善)になります。

 

肩こり

肩こりに関しては長時間作業すれば確実に出ると思われます。

ですので作業の途中で休息を入れストレッチを取り入れる事が重要です。

 

肩をグルングルン回すのも効果的ですし、

肩甲骨周りの筋肉を意識しながら周辺を動かすのも効果的です。

 

肩こりは特に個人差が出やすいものです。

何をしても肩こりが出ない人や、すぐに症状の出る人まで様々です。

その辺はしっかり理解しておきましょう!

 

日頃の運動

やはり日頃の運動は効果的です。

軽く走るのもよし、筋トレを組み入れるのもよし。

(やりすぎは体に堪えますのでおススメできませんが)

 

軽くランニングして腹筋・背筋・腕立てを1クールとして1時間。

日頃全く運動していない人なら、

これを1日置きにでもすればかなり改善されると思います。

(何度も言いますが無理はいけませんよ笑)

 

ストレス解消にもなり作業も捗りますし、

いい事ばかりです!

結論、スポーツは偉大だ(笑)

 

まとめ

ぜひデスクワークが多い方は実践してみてください。

体調も改善されれば何事も上手くいきます!

頑張っていきましょう!

 

関連記事

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。


定期的にネットビジネスのメルマガを発行しています。

メルマガ 右回り込み画像

アフィリエイト、せどり、輸入・輸出、ネットショップ、SNSについての情報を定期的にメルマガにて発行しています。

ブログでは書けないような内容もメルマガでは発行していますので、少しでも興味があるという方は一度ご購読ください。


※購読する分には完全に無料ですので、ご安心ください。

興味がある

    

コメントを残す

このページの先頭へ