G Analyticsでアクセス解析をしよう!導入や使い方について

どうもヒサトです!

今回はアクセス解析プラグインである「G Analytics」の導入方法と使い方に解説していきます。

「G Analytics」は「Google Analytics」の簡易版データをワードプレス上で確認することが出来ます。

導入方法

まずこのプラグインを利用するには「Google Analytics」を導入していることが前提になります。

Google Analyticsの導入方法についてはこちらのページを参考にしてください。

Google Analyticsを導入する方法

「G Analytics」はワードプレス管理画面より、プラグイン⇒新規追加⇒検索と進み追加しようとしても検索結果に出てきません。

その為、以下のサイトよりプラグインファイルをインストールして頂き、ワードプレスにアップロードして頂く必要があります。

http://ivystar.jp/software/g-analytics/

プラグインファイルをアップロードしたらプラグインを有効化します。

するとダッシュボードの欄に「G Analytics」が出てきますのでクリックして先に進んでください。

導入したばかりだと「ログイン失敗」という言葉が出てきます。

なので「設定」から「G Analytics」が正常に動くように設定していきます。

  • E-Mail⇒Google Analyticsに登録しているアドレスを入力してください。
  • Password⇒Google Analyticsのパスワードを入力してください。
  • プロファイル⇒下で解説します。
  • カウンターの開始日⇒デフォルトのままでいいです。
  • 閲覧権限⇒管理者に変更します。
  • Google Analyticsのリンクパス⇒https://www.google.com/analytics/settings/homeを入力します。

※プロファイルIDについて

プロファイルIDはGoogle Analyticsから取得することができますので、Google Analyticsにアクセスしましょう。

サイトのユーザーサマリーにいきます。

そこでURLの一番最後にある8ケタの数字がプロファイルIDになります。

(Pの後に続く数字です)

それをコピーして先ほどの「G Analytics」の設定のプロファイルにペーストします。

これでプロファイルIDの取得は終了です。

他の設定も入力したところで「変更を保存」をクリックしてください。

成功したら「ログイン失敗」が消えます。

設定したばかりだとすぐにデータは反映されないのですが、ある程度時間が経過すると反映され始めますのでご心配下さい。

まとめ

今回、「G Analytics」の導入方法について解説したのですが、おわかりいただけましたか?

ワードプレスの管理画面で、手軽にアクセス解析を行うという点では便利なプラグインですが、それ以外には利用する場面がありません。

ですので、「Google Analytics」で通常通り確認するという方には全く必要のないプラグインとも言えます。

自分がどのような風にアクセス解析を行っているかにより、プラグインの利用する・利用しないを使い分けてください。

 

関連記事

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。


定期的にネットビジネスのメルマガを発行しています。

メルマガ 右回り込み画像

アフィリエイト、せどり、輸入・輸出、ネットショップ、SNSについての情報を定期的にメルマガにて発行しています。

ブログでは書けないような内容もメルマガでは発行していますので、少しでも興味があるという方は一度ご購読ください。


※購読する分には完全に無料ですので、ご安心ください。

興味がある

    

コメントを残す

このページの先頭へ