fetch as googleの新機能「取得してレンダリング」とは~ウェブマスターツール~

どうもヒサトです!

 

ウェブマスターツールを日頃から使っていますか?

日頃から使っている方ならお気づきかもしれませんが、

最近になってfetch as googleの仕様が少し変更になりました。

新機能として「取得してレンダリング」が出現しました。

 

取得してレンダリングとは

そもそもレンダリングとは何なのか。

レンダリングとは僕たちが目視するサイトの状況ではなく

 

Googlebotがどのような形でサイトを認識しているか

確認できるようになるというものです。

 

人が見た場合は正常な状態でもGooglebotには正常でないかもしれません。

その辺りを確認し修正するための機能になります。

 

一連の流れ

1)fetch as googleへの進み方

ウェブマスターツールのサイトのダッシュボードより

クロール⇒fetch as googleと進みます。

fetch as google

 

2)取得してレンダリングの方法

1)取得したいページのURLを入力します。

2)取得したいページの種類(PC、スマートフォン)を選択します。

3)取得してレンダリングをクリックします。

取得してレンダリング

 

3)レンダリング結果

レンダリングのリクエストに数秒かかりますので少しお待ちください。

リクエストが完了しますと取得したものをクリックします。

レンダリング

 

するとレンダリング結果を確認する事が出来ます。

正常に作動しますとこのようにしっかり画像も表示されます。

しかしrobots.txtでGooglebotのアクセスを

拒否している場合は外見が大きく崩れて表示されます。

レンダリング結果

 

 

Googlebotが取得できなかったリソースが出てきているのですが、

ここで確認するポイントとしてSNSなどの外部のリソースも読み取ってしまうという事です。

外部のリソースを読み取ってしまうともちろんGooglebotは取得できません。

 

なので自分のサイト内の関係のあるリソースで

何か問題がないかの確認だけしっかりしておきましょう!

 

4)スマートフォンでも確認

上記の説明ではPCのみで解説したのですが、

同じようにスマートフォンでも確認しておきましょう!

先ほどPCと選択したところをスマートフォンにして同じように取得します。

 

するとスマートフォンの画面(レスポンシブデザイン対応)で表示されます。

PCでは正常だがスマートフォンでは違うという場合も考えられますので

しっかり確認しておきましょう!

 

公式ブログで確認

Googleがウェブマスター向けに発信している

ブログというものが存在しているのですが、

そちらでも今回の変更について触れています。

一度ご覧になってみて下さい!

⇒ http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2014/05/rendering-pages-with-fetch-as-google.html

 

まとめ

今回のレンダリング機能もそうですが、

ウェブマスターツールには様々な機能がたくさん存在しています。

「ウェブマスターツールはGoogleに監視されている感じで使わない」

という方もいるのですが、非常にもったいない気がします。

 

各機能の理解をしっかり深めサイト構築の糧としていましょう!

 

関連記事

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。


定期的にネットビジネスのメルマガを発行しています。

メルマガ 右回り込み画像

アフィリエイト、せどり、輸入・輸出、ネットショップ、SNSについての情報を定期的にメルマガにて発行しています。

ブログでは書けないような内容もメルマガでは発行していますので、少しでも興味があるという方は一度ご購読ください。


※購読する分には完全に無料ですので、ご安心ください。

興味がある

    

コメントを残す

このページの先頭へ