弟子とか師匠とかクソつまらない人間が多すぎでしょ!!

どうもヒサトです!

 

今回はネットビジネス界(情報ビジネス)のここが面白くない

という点について僕なりの意見を述べさせてもらいます。

弟子とか師匠とかマジでなんやねん!

他人依存のしょうもない事はもうやめにしましょう!

※ここで言うネットビジネスには正攻法であるサイトアフィリなどは含みません。

いわゆる情報ビジネスに限ります。

 

弟子とか師匠って何?

ネットビジネス界で普通に浸透している言葉に弟子と師匠という言葉があります。

 

そもそも僕はこの言葉が嫌いなんですよね。

「悟空と亀仙人か!」

このようなツッコミも入れたくなる言葉です。

 

「ネットビジネスで稼ぎたい方必見!〇〇が弟子募集開始!」

こんなフレーズやバナーを見たことがある人がほとんどでしょう。

(ネットビジネスをしている人ならほぼ100%ぐらい見たことがあると思います。)

 

そもそも師匠から弟子を集めるものなんですかね?

とりあえずこの点が引っかかります。

 

弟子っていうのは師匠が魅力的であるからこそ勝手に

集まってくるのであって自ら集めるものではないでしょ。

 

まず弟子ってなんやねん!

コンサルティングとは違うのか?

金までとってなおかつ自分の方が優位に立ちたいのか?

 

まあ弟子と師匠の集め方についてはとりあえず置いておきましょう。

最悪置いたとしてですよ、弟子になるという事は

師匠と同じような方法で稼いでいくという事ですよね?

 

いわゆる師匠の劣化版コピーになるわけです。

だってオリジナルよりも薄くなるわけなんですから。

(教わった人がオリジナルの方法に工夫をする事で良くなることも稀にありますが)

 

僕がもしその方法とやらを教わるなら絶対にオリジナルの人に教わります。

だって劣化版であるその弟子に教わる事なんて何もないでしょ。

 

「〇〇の弟子が教える!ネットビジネス」

こういうタイトルでブランディングかよく分からない事を

している人がいますが恥ずかしくないんですかね?

 

それで人が集まったとしてもそれはその人の実力ではなくて

師匠である〇〇の魅力で集まったという事ですよ。

所詮自分では何も出来ていないし師匠とやらを

一生追い越すことも出来ないでしょうね。

 

やり始めの頃はまだいいと思いますよ。

右も左も分からない状態で1人で考えたところで

答えが出る事なんてそうないですから。

(いきなり情報ビジネスをしようとしている人は意味が分からないですが)

 

途中でその流れを打ち切らないとその人はいつまでたっても

弟子と師匠の関係から抜け出すことが出来ません。

 

それで師匠とやらが商材かコンサル、高額塾を打ち出したら

こぞって絶賛して紹介し始めるんでしょ?

 

あー寒い寒い。

こんなものしょうもないの極みでしょ!

 

自分で現状を打破しようとか壁を乗り越えてやろうとか

そういう気構えの人にしかチャンスは訪れないものだと思うんですよ。

慣れ合うだけ、絶賛し合うだけのしょうもない事を

いつまでも続けるつもりですか?

 

「この人に出会って人生が変わった」

「劇的な逆転人生」

 

ハッキリ言います。

そんなものはないです!

 

うーん、少し言葉に語弊がありますね。

どこまでも他人依存の人には人生を逆転する事なんか出来ない

これが正しいです。

 

そんな人はビジネスをするのではなくて宝くじを買った方がいいと思います。

そっちの方が確率的には高いでしょ。

 

どれだけカモを捕まえるとかそんな事を考えずに

純粋に自分の能力を上げる事に精を出した方がよっぽど効率的です。

まがい物はすぐにメッキがはがれてしまいますが本物は違います。

本物はいつの時代でも生き延びる事が出来ます。

 

もっと本質的な学びを増やさないと危ないんじゃないですか?

 

まとめ

僕は基本的に他人任せの人間が嫌いです。

というかそんな人を好きな人なんていないですよね(笑)

人脈を広げる事や他人に何かを任せる事は悪い事ではないと思います。

でもそれだけで終わるのではなくて「切磋琢磨」というわけではないですけど

「この人が出来るのなら自分も出来るのではないか?」

この思考力が大切なんじゃないかと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。


定期的にネットビジネスのメルマガを発行しています。

メルマガ 右回り込み画像

アフィリエイト、せどり、輸入・輸出、ネットショップ、SNSについての情報を定期的にメルマガにて発行しています。

ブログでは書けないような内容もメルマガでは発行していますので、少しでも興味があるという方は一度ご購読ください。


※購読する分には完全に無料ですので、ご安心ください。

興味がある

    

コメントを残す

このページの先頭へ