CTPMの法則~ネットビジネスで成果を上げる為の原則~

どうもヒサトです!

 

今回はネットビジネスで大きく成果を上げる為の原則として

CTPMの法則について紹介していきたいと思います。

ネットビジネスにおいては凄く有名な原則なので

今更感は否めないのですがあまり気にしないでください(笑)

 

CTPMの法則の概要

CTPMの法則はマーケッターKen Evoy氏がネットビジネスで

大きく成果を上げる為に提唱した原則となります。

 

アフィリエイトなどのネットビジネスで成功するための方法論は

CTPMの法則の他にも数多く存在しているのですが、

CTPMの法則はどの分野においても当てはめる事が出来る

モノとなっています。

 

CTPMは言葉を見て貰えれば分かると思うのですが、

それぞれの言葉の頭文字を取った略字であって

4つの項目に別れています。

 

以下、その4つの項目について解説していきます。

 

C(Contents)

Contents・・・そうですねコンテンツですね。

これは僕がいつも言っている事です。

 

どれだけ外観を偽ったり、自分の評価を偽ったとしても、

それを実証するためのコンテンツを提供出来ないと意味がありません。

 

上に挙げたものは有益なコンテンツを提供できるように

なってから随時アピールしていけばいいものです。

ここが全然伴っていないサイトが最近は多いように思えます。

(特に情報発信サイトは・・・)

 

T(Traffic)

Traffic・・・アクセス(トラフィック)ですね。

ユーザーは常に何らかの情報を求めています。

 

アフィリエイトにおいて興味がある方だから僕のサイトに訪れているように

ネットを使う全てのユーザーは何かしらの欲求を抱えています。

 

それらを解消するのが先ほど解説したContentsであり、

その結果がTrafficになります。

 

有益なコンテンツを提供できている媒体はユーザーにとって

非常に貴重でありそれに伴いアクセスも増える事でしょう。

アクセスがあまり取れていないからといって有益なサイトという訳では

ないのですが、少なからず価値のあるモノにはユーザーが集まります。

 

これは自分が実践するテーマや内容により大きく母数が変化するので

一概にどのラインというものはないのですが、多くのユーザーに見て貰う

事が出来ればそれだけチャンスは生まれるという事です。

 

P(Presell)

Presell・・・Sell(売る)のPre(前)ですね。

商品を買ってもらう前の段階を指します。

 

売り手の姿が分からないアフィリエイトにおいて

信頼感を獲得する事は必須であり確実に必要なモノになります。

 

商品を買ってもらうには自分がどれだけ信頼の持てる

人物なんだとユーザーに理解してもらう必要があります。

 

アフィリエイトにおいて言うならサイトのコンテンツの質であり、

物販でいうなら過去の評判や記載されている内容であります。

 

これは自分を大きく見せるとか偽るとかそういうのではなくて、

自分の本来の姿を見せるという意味があります。

(自分にないモノを無理やりあるように見せるのはやめましょう)

 

M(Monetilize)

Monetilize・・・購入してもらう(マネタライズ)ですね。

ビジネスをしているわけなので最後には商品を購入して貰わないといけません。

 

Monetilizeするまでに踏んできた段階で既に、

 

有益なコンテンツを提供

⇩  ⇩  ⇩  ⇩

アクセス(トラフィック)

⇩  ⇩  ⇩  ⇩

信頼感

 

が完成していますのでここまでがしっかり出来ていると

かなりスムーズに商品を売る事が出来ます。

 

「ここまで価値を提供してくれている人(サイト)なら」

「この人(サイト)なら安心して購入する事が出来る」

 

など販売する事が非常に容易くなっているはずです。

逆に捉えると、ここまでの3つの段階をしっかり踏んでいないと

商品を販売する事は非常に難しいと言えるでしょう。

 

CTPMの法則の本質

CTPMの法則の本質はどれだけユーザー目線に立てるかどうかです。

サイト制作者はどうしても自分(売り手)の感性ですべてを解決してしまいがち

なのですが、実際に購入するのはユーザーであって売り手ではありません。

 

「自分がもし商品を購入するならどうする?」

「自分が購入したとしてメリットを得る事が出来るサイトって?」

 

といった感じで常にユーザー目線で物事を考える必要があると言えるでしょう。

これがCTPMの法則の絶対的な本質になります。

 

まとめ

このようにCTPMも法則には段階段階ごとに役割があり、

どれか1つでも不足しているとビジネスとして成り立ちません。

漠然とした計画で物事を考えるよりはCTPMの考えを常に持ち

ピースを埋めるように当てはめていった方が成果は出やすい

事でしょう。

 

関連記事

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。


定期的にネットビジネスのメルマガを発行しています。

メルマガ 右回り込み画像

アフィリエイト、せどり、輸入・輸出、ネットショップ、SNSについての情報を定期的にメルマガにて発行しています。

ブログでは書けないような内容もメルマガでは発行していますので、少しでも興味があるという方は一度ご購読ください。


※購読する分には完全に無料ですので、ご安心ください。

興味がある

    

4 Responses to “CTPMの法則~ネットビジネスで成果を上げる為の原則~”

  1. 情報商材仕分け人RUI より:

    ヒサトさんこんにちは。
    情報商材仕分け人RUIと申します。

    恥ずかしながら
    CTPMの法則知りませんでした。

    ひとつ疑問に思ったのですが、
    CTPMの法則は順番になっているのですかね。

    まず自分が相手に情報提供(c)
    情報を気に入った人が集まるようになる(t)
    自分の発信する情報を気に入ってくれた人に売る(p)
    最後に購入してもらい報酬が発生(m)

    これって理想の流れだな
    なんて思ってました^^

    また訪問させてもらいます。
    応援します!

    • ヒサト ヒサト より:

      RUIさん
      コメントありがとうございます!

      C⇒T⇒P⇒M
      この順番に進めていくとよいという事ですね。

      本当に理想的な流れだと思いますよ。
      というかこれ以外の流れが無いですよね(笑)

      今後ともよろしくお願いします!

  2. ニコラス より:

    ヒサトさん

    はじめまして、こんにちは。
    ニコラスです。

    私も初めてCTPMを知りました。

    段階段階の役割って実際に行動していると、
    わけわからなくなりますよね。

    各ステップ、それぞれ目的がありますよね。

    私の場合も、別に気にしなくていいことまで
    時間をかけすぎてしまう傾向がありますので
    こういった考え方があると大変助かりますね。

    ありがとうございました。

    応援ポチさせて頂いております^^

    • ヒサト ヒサト より:

      ニコラスさん
      コメントありがとうございます!

      >私の場合も、別に気にしなくていいことまで
      時間をかけすぎてしまう傾向がありますので

      これは僕もめっちゃありますね。
      ついつい時間を気にせずにやっちゃうんですよね(^^;

      CTPMは一種のテンプレート代わりに使っていくと
      上手く事が進むのでぜひ使っていってください。

      今後ともよろしくお願いします!

コメントを残す

このページの先頭へ