素敵なブログタイトルの付け方でクリックを誘発させよう!!

どうもヒサトです!

 

今回はユーザーが検索エンジンでついついクリックしたくなるタイトルについて解説します。

上位表示されてもページを開いてもらわないと意味がありませんのでタイトルは大切です。

 

ユーザーが魅力に感じるタイトルを

検索エンジンで何か探し物をしているユーザーがいるとしましょう。

 

SEOはどちらかというと待ちの集客方法と言われているのですが、

検索エンジンで上位表示されるように施策するのですから

ユーザー目線で考えた時に限り攻めの集客方法であると言えます。

 

こちら(サイト)からユーザーに向けて、

「こんないいサイトがあるよ」

と検索エンジン上で訴えるわけなんですが

いくらこちらが上位に表示されても魅力を感じないと

ユーザーはアクション(クリック)をとってはくれません。

 

なにがいけないのか?

 

そうですタイトルです!

ユーザーが検索エンジン上でサイトの内容を

他と比較できるものはタイトルしかありません。

(正確にはメタディスクリプションも表示されますが)

 

「検索エンジンに好かれるタイトルの付け方とは」

「必見!サイトタイトルのキモはひらがなにあった!!」

 

どちらの方が魅力的なタイトルと言えるでしょうか?

もしこの二つが並んでいたら後者のサイトを開くことでしょう。

このように検索エンジン上では絶対的な情報量が少なすぎるので

ユーザーはタイトルだけでサイトの内容や質を見抜いていると言えるでしょう。

 

クリックしたくなるタイトルとは

ここからは具体的に例を出しながら解説していきます。

 

数字が入っている

具体的な数字が入っているタイトルは非常に魅力的に感じます。

数字は人によって変わるものではなく絶対的なものです。

ネットビジネスの情報発信ブログで多く見られる〇〇円稼いだ

というタイトルはこのタイトルの付け方を行っていると言えるでしょう。

 

ひらがなやカタカナを混ぜる

PCで文字を打っているとついつい漢字に変換してしまいませんか?

実際に書く時ではひらがなで書くような文字もPCではすぐに変換

されるので難しい漢字も使いがちになってしまいます。

 

タイトルが漢字ばかりだとユーザーが理解するのに時間がかかります。

例えば、

「大特価!元旦当日大安売り」

「大特価!元旦当日セール」

 

大安売りとセールしか違いがないタイトルですが

後者の方が分かりやすくないですか?

「セール」という文字が他よりもすごく目立って見えるわけです。

これだとユーザーが一瞬で「セール」なんだと理解できます。

 

ただひらがなやカタカナばかりのタイトルになってしまうと

それはそれで読みずらいのでほどほどにしましょう。

 

問題提起

こちらから何かを訴えかけるタイトルです。

「〇〇で大丈夫ですか?」

「〇〇 本当に理解できていますか?」

 

自分自身に訴えかけられているような気持ちになるタイトルです。

更に雰囲気的に重要な内容が書かれているような気もします。

 

長くなり過ぎない

これは僕もついついやってしまいがちな事なのですが

タイトルに何もかも詰め込もうとすると凄く長くなってしまいます。

 

タイトルが長すぎるとごちゃごちゃしているように見えますので

最大でも30文字ほどをベースに考えるべきです。

また完全にテーマを一貫出来ていて凄くシンプルにタイトル

が付けれる場合は思い切ってかなり短めのタイトルにするのも手です。

(15文字以下とか)

 

既存のタイトルを真似る

これは有名な書籍のタイトルを真似るとか

有名な映画タイトルを真似るという事です。

 

「何か聞いたことのあるタイトルだな」

「これなんだったけ」

 

と純粋な興味だけでクリックしてくれる場合があると思います。

しかも主語やキーワードだけを置き換えるだけなので

非常に簡単にタイトルを付ける事が出来ます。

 

単語を並べすぎない

自然なタイトルを付けるようにすると言うべきでしょうか。

たまに「・」で区切りキーワードだけを羅列したタイトルを見かける時があります。

恐らく関連キーワードを並べて検索にかかるようにしているのだと

思うのですが、そんな事をしていてはユーザーは魅力的には感じません。

 

自然な日本語になるようにしないと「内容も読みずらい」と思われるので

サイトを開いてくれることなく終わります。

(特にトレンドサイトの芸能人関係)

 

注意点

タイトルがどれだけ魅力的で素晴らしいものでも

内容が伴っていないとユーザーからしたら

「騙された」

と思うはずです。

 

あまりに煽り過ぎているタイトルや過剰な演出は

自分の首を絞める事になるのでやめましょう。

(そんな事をしているとファンがつきにくくなる)

 

まとめ

パッと浮かんだ中でもこれぐらいの項目がありました。

結構このサイトでもタイトルがしっかり付けられていない感じがします(笑)

何か一貫したテーマがあるとタイトルもつけやすくなるので

あまり欲張りになり過ぎないようにする必要がありますね。

 

関連記事

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。


定期的にネットビジネスのメルマガを発行しています。

メルマガ 右回り込み画像

アフィリエイト、せどり、輸入・輸出、ネットショップ、SNSについての情報を定期的にメルマガにて発行しています。

ブログでは書けないような内容もメルマガでは発行していますので、少しでも興味があるという方は一度ご購読ください。


※購読する分には完全に無料ですので、ご安心ください。

興味がある

    

2 Responses to “素敵なブログタイトルの付け方でクリックを誘発させよう!!”

  1. しう より:

    はじめまして
    しうと申します。

    タイトルをつけるとき、ついついキーワードを
    気にしがちになっていました。

    確かに、サイトを見るのはユーザーさんですので
    そのユーザーさんに合わせる事が大事だと
    学ばせていただきました。

    またお邪魔させていただきます。

    応援ポチ!

    • ヒサト ヒサト より:

      しうさん
      コメントありがとうございます!

      人が見るものなのであまりに機械的なモノや
      人間味のないタイトルなどはあまり良くないですよね。

      今後ともよろしくお願いします!

コメントを残す

このページの先頭へ