バナープラスの特典&レビュー

バナーってどんな印象がありますか?

バナープラス バナーに対する認識

とりあえず

ヒサトどうもヒサトです!

業界参入3か月で月収45万円を達成し、現在はアフィリエイトの他にせどりや輸出・輸入や、YouTubeやTwitterなどのSNSなど様々なキャッシュポイントを構築中です。

「キャッシュポイントは多い方が絶対にいい」

これが僕の信条です。

早速なんですが、普段サイトアフィリエイトやブログアフィリエイトをしていて重点に置いていることって何ですか?

コピー?

サイトの構成?

コンテンツ?

今挙げたものは全てアフィリエイトにおいて、軽視出来ない大切なモノばかりです。

しかし何か足りていないと思いませんか?

このページが何のページなのか考えたら一発で分かりますよね(笑)

そうです、画像がかなり重要になってきます。

画像は言葉だけでは伝わらない深いところまで、視覚的にユーザーに訴えかけ、そしてプラスにもマイナスにも働いてきます。

画像がしっかりしていないサイトや全く使われていないサイトは非常に読み辛いモノです。

巷には色々な画像編集ソフトが溢れています。

GIMPやPhotoscapeなどの無料編集ソフトからPhotoshopなどの有料編集ソフトまで多種多用、様々なモノが存在しています。

アフィリエイトで画像を編集する場面といえば、おおよそがバナーを作成する時です。

アフィリエイトのバナーにおいて求められるのは「スピード」そして「そこそこの出来」です。

プロのようなめちゃくちゃ完成度の高いバナーを作る必要は無いのですが、そこそこのバナーを短時間で作成する事が出来れば、稼げる確率が確実にアップします。

wow 画像

今回紹介していくバナープラスは、僕が普段から愛用させてもらっているテンプレート「賢威」の作成者である株式会社ウェブライダーの松尾茂起さんが販売者です。

賢威同様素晴らしい出来で、ぜひアフィリエイト初心者から上級者まで活用していってほしい最高のツールとなっています。

ひとまずこちらのバナーをご覧ください。

メルマガ バナー1

メルマガバナー

こちらのバナーは僕のメインサイトに載せてある、メルマガ登録催促用のバナーの1つ前と現在のモノです。

1枚目がバナープラスを導入して1日目に15分ほどで作ったもので、2枚目が導入10日後に、同じく15分ほどで作ったバナーです。

この2つのバナーを見てどう思いましたか?

意外と完成度が高い

そう思いませんでしたか?

僕は今までデザイン系の勉強なんてロクにしたことがないですし、勉強をしようと思った事もありません。

(性に合わないんですよね笑)

なぜセンスのない僕がここまでのバナーを作る事が出来たのか、分かりますか?

答えはバナープラスの圧倒的な操作性の高さのおかげと言えます。

下の画像をご覧ください。

バナープラス 説明

画像では少し伝わりにくいかもしれませんが、非常にシンプルな作りです。

導入して10分も経てば、ほとんどの機能を理解する事が出来ます。

他のフリーの画像編集ソフト、有料の編集ソフトと比べてみたら、その圧倒的な操作性の高さに驚愕すると思います。

バナーは視覚的にユーザーに訴える事で第一印象を大きく左右します。

バナーがいいサイトは、少しくらいコンテンツや文章力が低くても、商品を成約させることが可能であると僕は思っています。

ここからはバナープラスの機能説明とちょっとしたお話をしていきたいと思います。

アフィリエイトは収益を発生させるもの

サイトアフィリエイトやブログアフィリエイトをしていく上で勘違いして欲しくないのが、アフィリエイトは収益を発生させてこそ意味があるものです。

いくらアクセスが集まろうと、それを自分の収益に変換出来ないと、ただの自己満足で終わってしまい、ただの趣味どまりで終わります。

  • 検索からのアクセスも集まっているのに収益が上がらない
  • SNSからもしっかり集客しているのに全然変わらない

もしかしたらこのような人もいるのではないでしょうか?

先ほど上でも書きましたが、このままでは全く意味がありません。

アフィリエイトはユーザーにしっかり商品を成約させないと収益が生まれません。

いかに成約させることが出来るかという点がアフィリエイトの最大目標です。

つまり成約率を上げれば、自然と収益も上がっていくし、しっかりアフィリエイト報酬を得る事が出来るという事です。

  • 一方はアクセス数がかなり多いのに、成約率はかなり低い
  • もう一方はアクセス数はそこまで多くないのに成約率は高い

結局は後者の方が成約数が多いとなると、どっちの方がいいかって事ですよね。

成約率とバナーは密接な関係にある

約率とバナーは密接な関係にある

これは間違いのない事です。

センスのないバナーやダサいバナーってそもそもクリックする気になりませんよね。

クリックされないと商品を購入してもらう段階まで進んでもらう事も出来ません。

まずバナーをクリックして貰うという事が最低条件になります。

こちらのバナーをご覧ください。

バナープラス サンプル画像

こちらはバナープラスの公式ページで公開されている、全てバナープラスを使用して作成されたバナーです。

何というか、ネットで見かけるような魅力的なバナーのように見えませんか?

これクラスのバナーならバナープラスを使えば量産する事が可能です。

バナープラスの機能を使えば成約率を確実にアップする事が出来、バナーを大量に作成でき、そしてそれが結果として跳ね返ってきます。

今までバナーを諦めていた人、バナーを外注して無駄な経費を重ねていた人、その両方の方にすすめる事が出来る最高のツールとなっています。

機能解説

バナープラスは簡単な4ステップでバナーを作成する事が出来ます。

順を追って解説していきます。

4steps

1:キャンバス設定

全体のサイズや背景色、枠の色など元となる部分を作成します。

1 バナー

2:画像設定

画像を組み合わせて、表現に幅を持たせます。

いろいろな効果を有効に使いましょう。

1バナー2

3:文字設定

文字を画像に組み込んでいきます。

細かい設定まで出来ますので可能性は無限大です。

1 バナー3

そして完成したバナーがこちらです。

バナープラス サンプル バナー

…どうですか?

スクリーンショットを撮りながらバナーを作成していきましたが、15分もかからない内にこのレベルのバナーが完成しました。

4つの魅力的な特典

バナープラスでは公式で素晴らしい特典が4つ用意されています。

特典なんてなくても、バナープラスは魅了的なのですが、この特典があればもっと魅力的に感じる筈です。

特典1 (1)

特典2

特典3

特典4

ヒサトからの特典

バナープラス公式からの特典は勿論の事、ヒサトからの特典もしっかり用意させて頂いています!

僕からの特典はズバリ、質問受け付けです。

チャットワークというクラウドサービスを使い、バナープラスやバナーに関する質問なら僕の分かる範囲で全て答えていけたらいいかなと思っています。

チャットワーク

賢威のレターでも同じような特典を付けているのですが、僕の考えとしてはバカみたいに多い特典や必要のない特典は全くもって必要ないと思っています。

ですので、それだったら絶対に活用できる僕なりの特典がいいなと考え、このような特典を付けるように考えています。

僕が付ける事が出来る最高の特典、それが質問受け付けです。

まとめ

正直な話、ここでダラダラと機能解説をするなら公式ページで書かれている詳細な情報を確認した方が分かりやすく細かいです(笑)

ですので、これ以降の内容については公式ページで確認するか、僕のお問い合わせフォームから確認して頂ければいいかなと思います。

お問い合わせ⇒ http://hisato-net.com/otoiawase

バナープラスは確実にあなたのアフィリエイト活動やWEB活動に大きなプラスをもたらしてくれるツールです。

一度購入してみて実際に試してみて下さい。

動作環境&料金

動作環境

上記の動作環境をしっかり確認した上で購入していってください。

(これに当てはまらない場合、正常に動作しない場合があります。)

料金についてなのですが、バナープラスは買い切りではなくて1年ライセンス制を取らせて頂いています。

料金は初年度が14700円で、継続して使っていった場合、2年目以降は9800円で使用していく事が出来ます。

バナープラス 料金

購入時に以下のような表示があるか確認してから購入してください。

以下のような表示がない場合は、ヒサトからの特典をお渡しする事が出来ないので注意して下さい。

ヒサト 特典

万が一表示されていない場合はクッキーを有効にして、再度以下のリンクより購入ページに移行して下さい。

ヒサトからバナープラスを特典付きで購入する

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。


定期的にネットビジネスのメルマガを発行しています。

メルマガ 右回り込み画像

アフィリエイト、せどり、輸入・輸出、ネットショップ、SNSについての情報を定期的にメルマガにて発行しています。

ブログでは書けないような内容もメルマガでは発行していますので、少しでも興味があるという方は一度ご購読ください。


※購読する分には完全に無料ですので、ご安心ください。

興味がある

    

コメントを残す

このページの先頭へ