Appspector~ワードプレスなど、どのWEBサービスを利用しているか確認出来るchrome拡張機能~

どうもヒサトです!

 

今回はワードプレスなどのCMSや、どのWEBサービスを

利用しているか確認する事が出来るchromeの拡張機能

Appspector」について解説していきます。

非常に便利な拡張機能なのでぜひインストールしてみて下さい。

 

機能解説

Appspectorは全てでないにしろ、

他のサイトの情報を一部確認する事が出来ます。

 

例えば僕のメインサイトはワードプレスで作られているのですが、

ワードプレスで作られているなんて初めは分からないじゃないですか?

 

でもAppspectorを利用する事でそんな情報も確認する事が出来ますので、

参考にしてみたり、構造を少し真似してみたりと、1つ分かる事でかなりの情報を

得る事が出来ます。

 

ワードプレスで作られているサイトなのか確認するぐらいなら、

サイトの要素を確認すれば分かるのですが、いちいち手間がかかりますので

Appspectorをインストールしておけば簡単に確認する事が出来ます。

 

という事で早速インストールしていきます。

 

インストール手順

Appspectorはこちらからインストール出来ます。

⇒ Appspectorのインストール

 

画像では「chromeに追加済み」と書かれているのですが、

本来は「無料」と書かれているのでそちらをクリックします。

Appspector

 

これでインストール完了になります。

インストールが完了してもメニューバーに表示されたりしないので

インストール出来たのか分かり辛いですが、大丈夫です。

 

実践

では早速Appspectorを使っていきます。

 

Appspectorは使うというよりは確認したいサイトを開くだけで、

どのような機能が使われているか確認する事が出来るので、見るだけです。

 

試しに僕のメインサイトを確認してみましょう。

⇒ http://hisato-net.com/

 

確認する場所は、Google chromeのURL入力バーの右端になります。

Appspector 1

 

上記の画像を見て貰えば分かると思うのですが、ワードプレスのマークが確認出来ます。

この他にも他のCMSを利用されている場合などはここに表示されます。

 

またワードプレスのマークをクリックする事で他のWEBツールも確認する事が

出来ますので、もっと詳しく知りたいという方は試してみて下さい。

(ワードプレスのバージョンまで知る事が出来ます)

Appspector 2

 

まとめ

Appspectorを使えばサイト構築がまた一段と楽しくなります。

凄く複雑そうに見えたサイトもワードプレスで組んでいると分かれば

自分にも作れそうな気がしてきますし、実際作れます。

初めの内は他の人のモノを真似しながら何事も行っていけばいいと思います。

 

関連記事

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。


定期的にネットビジネスのメルマガを発行しています。

メルマガ 右回り込み画像

アフィリエイト、せどり、輸入・輸出、ネットショップ、SNSについての情報を定期的にメルマガにて発行しています。

ブログでは書けないような内容もメルマガでは発行していますので、少しでも興味があるという方は一度ご購読ください。


※購読する分には完全に無料ですので、ご安心ください。

興味がある

    

コメントを残す

このページの先頭へ