Googleアドセンスの禁止コンテンツについての考察

どうもヒサトです!

 

今回は以前グーグルアドセンスで禁止されているコンテンツについての

考察についての記事になります。

以前の記事「Googleアドセンスの規約違反について注意するべき点

の1項目にフォーカスを当てた内容なので

読まれていない方は一度読んでみてください。

 

Googleアドセンスは最強のクリック報酬型広告であるのと同時に

最も規約の厳しい広告でもあります。

もちろん取り扱っていいコンテンツの種類とうものが存在しており

我々はそれに従わなければいけません。

 

という事で禁止コンテンツとし発表されているコンテンツを

具体的に挙げていきましょう!

明らかにダメなコンテンツ

アダルト関係

アドセンスは基本的にどの年齢性が見ても大丈夫な

コンテンツにしか使用する事ができません。

アダルト関係のフレーズはもちろん、

画像、動画なんてのはもちろんダメです。

 

一般人

一般人の画像、名前といったものは絶対に記事にしないでください。

Googleから通達がきてアドセンスが停止されるぐらいだったらいいのですが、

本人や他の方が警察や弁護士に相談する可能性があります。

 

薬物関係

市販薬を販売するサイトなどでは利用可能のようですが

定義がかなり曖昧なので利用しないのがベターでしょうね。

 

アルコール関係

お酒は題材としたサイトに貼る事も禁止されています。

どうやらワインやシャンパンを取り扱うサイトなら利用可可能の

ようです。(なぜ笑)

 

タバコ

禁煙を促すためのサイトなどでは利用可能ですが、

タバコ関連の商品の販売サイトでは使用禁止です。

 

暴力関係のフレーズや画像

例えば武器や兵器、殺人等の明らかに過激な内容の

含まれるものには使用してはいけません。

 

イケそうだけどダメなコンテンツ

水着

主に画像ですね。

水着を着用したグラビアアイドル等の画像は絶対に

使用しないでください。

 

男女問わず露出の高い画像

水着と被るところがあるのですがこちらも禁止です。

具体的に言えば、

  • 男性の上半身裸の画像
  • 女性の谷間や全体的に肌の露出が多い画像

この辺りもダメです。

 

禁止のコンテンツなのか微妙な時

基本的に禁止コンテンツなのか見分けがつかない時は、

書くのを控える事がベストです。

そんなものを書かなくても記事のネタなんて無限にある訳で

わざわざリスクを冒す必要はありません。

 

まとめ

これでも書ききれていないところもあるのですが、

基本的にはこの辺りですね。

自分に子供がいるとして見せたくないコンテンツは一般的に

禁止コンテンツという判断でいいと思います。

自分でも考察しながらハッキリとライン引きして安全にいきましょう。

 

関連記事

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。


定期的にネットビジネスのメルマガを発行しています。

メルマガ 右回り込み画像

アフィリエイト、せどり、輸入・輸出、ネットショップ、SNSについての情報を定期的にメルマガにて発行しています。

ブログでは書けないような内容もメルマガでは発行していますので、少しでも興味があるという方は一度ご購読ください。


※購読する分には完全に無料ですので、ご安心ください。

興味がある

    

コメントを残す

このページの先頭へ