アフィリエイトサイトはアクセスの質が肝心~悪いアクセスと良いアクセス~

どうもヒサトです!

 

今回はアフィリエイトサイトにおけるアクセスの質に

ついて自分なりの考察を述べていきたいと思います。

同じに思えるアフィリエイトサイトへのアクセスにも、

質のいいアクセスと悪いアクセスが存在しています。

 

アクセスの質

良い 悪い

 

普段からアクセス解析ツール(グーグルアナリティクスなど)で

サイトへのアクセスについてチェックしていますか?

全くチェックしていないのならしっかりチェックしましょう!

 

自分のサイトへのアクセスぐらい把握していないと自己分析が全くできません。

自己分析が出来ないと「稼げる」サイトを作る事なんて絶対に出来ません。

 

グーグルアナリティクスも設置した、

アクセスの流入元も把握出来た、

ここまで来ることでやっと今回の本題に入る事が出来ます。

 

アクセスの質には大きく分けて2つ存在しています。

それが質の良いアクセスと質の悪いアクセスです。

以下、2種類のアクセスについて解説していきます。

 

質の良いアクセス

一般的に検索エンジンからのアクセスは質の良いアクセスと言えるでしょう。

検索エンジンはユーザー自身が自発的にキーワードを入力してサイトに訪れているので、

ユーザーにとって有益な情報を提供できていると言えます。

 

有益な情報をユーザーに届けられるサイトは一概には言えませんが購入率は高いでしょう。

(セールスの方法にもよるでしょうが、有益でないサイトに比べると間違いなく良いです)

 

検索エンジンからのアクセスの場合、単一キーワードのアクセスよりも

複合キーワードでのアクセスの方がより明確な目的を持ったユーザーが集まります。

漠然としたテーマで訪れるユーザーよりもピンポイントで目的を持っているユーザーの方が

サイト管理者的には扱いやすいユーザーであると言えます。

 

しかも複合キーワードが購買意欲が高いキーワードと呼ばれるものだとしたらよりいいです。

購買意欲が高いキーワードについてはこちらの記事をご覧ください。

⇒ 成約しやすいキーワードをユーザーの目の前に差し出す

 

ランキングサイト(人気ブログランキングやブログ村)からのアクセスも

場合によっては質の良いアクセスへと変貌します。

 

例えばアフィリエイトのランキングサイトに参加しているとしましょう。

当然、アフィリエイトのランキングサイトに訪れるユーザーはアフィリエイトに

興味のあるユーザーばかりです。

 

しかしそれがメルマガアフィリエイトの情報が欲しいユーザーなのか、

サイトアフィリエイトの情報が欲しいユーザーなのか、

そこまでは判断する事は出来ません。

 

もしサイトのテーマがそれに準じたサイト作成を行っているなら

質の良いアクセスにもなりえますし、逆の場合ももちろんあります。

 

つまりランキングサイトからのアクセスは、

呼び込み方とサイトで取り扱うテーマにかなり左右されます。

 

また自分のサイトへ被リンクを張ってくれているサイトからのアクセスの場合、

どれだけ関連性が高いかというところが凄く重要になってきます。

 

これはサイトのテーマや記事のテーマ、紹介の仕方、アンカーテキストにも

左右されるので一概にどれが良いどれが悪いと分けるのは難しくなります。

1つ言えるのはどれだけ「関連性」が高いかというところが重要です。

 

質の悪いアクセス

先ほど検索エンジンからのアクセスは質の良いアクセス

と説明しましたが、少し説明不足な部分がありました。

検索エンジンからのアクセスの場合にも質の悪いアクセスは存在しています。

 

例えば複合キーワードに「無料」というキーワードを含んで訪れたユーザーの場合です。

一般的にアフィリエイトは有料の商品を紹介して報酬を得ていきますので、このユーザーは

対象外のユーザーであると言えます。

(無料登録で報酬が得られる案件を扱っている場合はまた別ですが・・・)

 

また単一キーワードで訪れるユーザーも質のいいアクセスとは言えないでしょう。

「アフィリエイト」という単一キーワードでアクセスしてきたユーザーに対して何を

アフィリエイトすればいいと思いますか?

 

僕は分かりません。

単一キーワードで訪れるユーザーはユーザーの意図がこちら側としても

汲み取る事が出来ないので扱い辛いユーザーであると言えるでしょう。

 

SNSを介して訪れるユーザーもそこまで質の良いアクセスと呼べないでしょう。

SNSにて流れてくる情報はユーザーの交友関係により大きく変化します。

 

悪い言い方をすればターゲット層を絞り切れていないユーザーです。

(検索エンジンから訪れる事が無いユーザーを新規開拓出来るとも言えますが)

 

ただ検索エンジンからのアクセスに頼り過ぎると、何か(ペナルティなど)あった時に

あたふたしてしまいますのでSNSからのユーザー誘導は必須なんですけどね。

 

質の良いアクセスでも説明した、

他のサイトからの被リンクを介して訪れるユーザーに関しても質が悪い場合があります。

関連性の低いサイトからのアクセスの場合です。

 

被リンクを張ってくれていると言ってもサイトのテーマに合っているか分かりません。

ネガティブな意見で被リンクを送っている場合や、全く関係のないテーマで送ってる場合、

様々だと思います。

 

最低でも上であげた被リンクの場合においては質の低いアクセスであると言えます。

 

まとめ

なんでもいいからアクセスを集めればいいと考えている人は

アフィリエイトで爆発的に稼ぐ事は出来ないと思います。

(アドセンスとかならいいと思いますが)

アクセスの母数はそこまで関係ありません、アクセスの質が重要です。

やはりアフィリエイトは奥が深いです・・・。

 

関連記事

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。


定期的にネットビジネスのメルマガを発行しています。

メルマガ 右回り込み画像

アフィリエイト、せどり、輸入・輸出、ネットショップ、SNSについての情報を定期的にメルマガにて発行しています。

ブログでは書けないような内容もメルマガでは発行していますので、少しでも興味があるという方は一度ご購読ください。


※購読する分には完全に無料ですので、ご安心ください。

興味がある

    

2 Responses to “アフィリエイトサイトはアクセスの質が肝心~悪いアクセスと良いアクセス~”

  1. アフィ助 より:

    ヒサトさん
    こんばんは、アフィ助です!

    アクセス解析を使うことは常識
    となってきてますよね。

    質の悪いアクセスが10より
    質の良いアクセスが5のほうが
    断然いいと思います。

    ほんと奥が深いですね~

    応援させていただきます!

    • ヒサト ヒサト より:

      アフィ助さん
      コメントありがとうございます!

      数だけでいいのならやりようはいっぱいあります。
      でもアクセスを集める事が目的ではないですからね。

      今後ともよろしくお願いします!

コメントを残す

このページの先頭へ